このエントリーをはてなブックマークに追加

LaTeX (Beamer) で学会発表用のポスターを作る

Posted: 2016-03-06

初めて学会の発表で使うポスターを作るにあたり,分からないことが多かったため,調べたり試行錯誤した内容についてまとめておこうと思います.

まずどのツールを使うかですが,周りの数人に聞いたところ全員が MS PowerPoint を使っているようでした.なので私も PowerPoint を使るつもりだったのですが,前職で

  • テストエビデンスのスクショをエクセルに貼り付ける作業
  • Office のバージョンアップによってレイアウトが崩れたファイルをいじる作業

などを行っていたため,MS Office アレルギーのようなものを発症しており,使い慣れた LaTeX (Beamer) で作ることにしました.PowerPoint はほとんど触ったことがないので,Beamer と PowerPoint の長所・短所を比較することはできませんが,プレゼンテーションにおける長所・短所がほぼそのまま適用されるのではないかと感じます. “beamer vs powerpoint” で検索


1. どんな感じになるのか

デザインのセンス次第でいくらでも綺麗なものは作れると思いますが以下のような感じのものが作れます.(表示されない場合はこちらをクリックしてください.)

印刷の向きに関しては beamerposter のオプションで

  • orientation=landscape
  • orientation=portrait

で指定することができます.上のポスターのコードはこちら

2. インストール

今回使用するのは beamerposter というパッケージです.これは TeX Live に収録されているので TeX Live を使って環境を構築している場合はすぐに使うことができます.ただ,最初のうちはどうやって作ったらいいのかわからないので beamerposterexamples を見ながら作るのがいいと思います.

3. とりあえずタイプセット

以下のようなコードを poster.tex のような名前で保存してください. LuaLaTeX でタイプセットすることを想定しています(これも TeX Live なら入っています.).

\documentclass[unicode]{beamer}
\usepackage[orientation=landscape,size=a0,scale=1.4]{beamerposter}
\usetheme[footertext={フッター}]{SimplePoster}
\usepackage{luatexja}
\title{ポスターのサンプル}
\author{著者名}
\institute{所属機関名}
\date{\today}
\begin{document}
\begin{frame}
\begin{columns}[t]
    \begin{column}{.32\linewidth}
        \begin{block}{はじめに}
            \LaTeX{} (Beamer)でポスターを作りましょう.
        \end{block}
    \end{column}
\end{columns}
\end{frame}
\end{document}

beamerthemeSimplePoster.sty という名前で以下の内容を現在作業しているディレクトリに保存してください.

\ProvidesPackage{beamerthemeSimplePoster}
\mode<presentation>
\DeclareOptionBeamer{footertext}{\def\SimplePoster@footertext{#1}}
\ProcessOptionsBeamer
\selectcolormodel{RGB}
\definecolor{royalblue}{RGB}{1,72,152}
\definecolor{aliceblue}{RGB}{240,248,255}
\setbeamercolor{headline}{fg=white,bg=royalblue}
\setbeamercolor{footline}{fg=white,bg=royalblue}
\setbeamercolor{title in headline}{fg=white}
\setbeamercolor{author in headline}{fg=white}
\setbeamercolor{institute in headline}{fg=white}
\setbeamercolor{conference in headline}{fg=white}
\setbeamercolor*{normal text}{fg=black,bg=white}
\setbeamercolor*{block body}{fg=black,bg=aliceblue}
\setbeamercolor*{block title}{fg=white,bg=royalblue}
\setbeamerfont{block title}{size=\large,series=\bf}
\setbeamercolor{structure}{fg=red}
\setbeamertemplate{navigation symbols}{}
\setbeamertemplate{block begin}{%
    \vskip.5ex
    \begin{beamercolorbox}[rounded=true,shadow=true,leftskip=1em,colsep*=.75ex]{block title}%
        \usebeamerfont*{block title}\insertblocktitle
    \end{beamercolorbox}%
    \usebeamerfont{block body}%
    \begin{beamercolorbox}[rounded=true,shadow=true,leftskip=1em,rightskip=1em,colsep*=.75ex,sep=1ex,vmode]{block body}%
}
\setbeamertemplate{block end}{%
    \end{beamercolorbox}
    \vskip1.5ex
}
\setbeamertemplate{headline}{%
    \leavevmode
    \begin{beamercolorbox}[wd=\paperwidth]{headline}
        \centering
        \vskip4ex
        \usebeamercolor{title in headline}{\color{fg}\textbf{\LARGE{\inserttitle}}\\[2.5ex]}
        \usebeamercolor{author in headline}{\color{fg}\large{\insertauthor}\\[1.2ex]}
        \usebeamercolor{institute in headline}{\color{fg}\large{\insertinstitute}}
        \vskip2ex
    \end{beamercolorbox}
}
\setbeamertemplate{footline}{%
    \begin{beamercolorbox}[wd=\paperwidth,ht=11ex]{footline}
    \leavevmode%
    \begin{columns}[T]
        \begin{column}{0.7\paperwidth}
        \end{column}
        \begin{column}{0.3\paperwidth}
            \usebeamercolor{conference in headline}{\color{fg}\large{\SimplePoster@footertext}}
        \end{column}
    \end{columns}
    \vskip3ex
    \end{beamercolorbox}
}

これらのファイルがある場所で latexmk -lualatex poster.tex コマンドを実行すると以下のような PDF ができあがります.(表示されない場合はこちらをクリックしてください.)

あとは色を変更したり,中身を追加していくだけです.

3. 感想

今回は初めてだったのでテーマファイルの変更に時間がかかってしまいました.既存のテーマで済ませられる場合や,変更したものを何度も使っていく場合はいいのですが,そうでない場合は少し負担が大きすぎる気がします.中身の作成に関しては,普段 LaTeX で文書を作っている人ならば,レポートの作成とほぼ同じ感覚で進めることができました.

本当はもう少しテーマをカスタマイズする方法などについて書きたかったのですが,自分のポスター作りで疲れてしまったので今回は以上です.