このエントリーをはてなブックマークに追加

Scala から CaboCha を使う

Posted: 2016-11-22 (Modified: 2016-11-24)

前提

  • CaboCha のインストールが済んでいること。
  • 使う OS は Linux(特に RHEL 7 または Ubuntu 14)を想定しています。

1. CaboCha のソースコードの取得

インストールのときに使ったソースコードが残っていればそれを使ってください。捨ててしまった場合は https://github.com/taku910/cabocha からクローンしてください。

git clone https://github.com/taku910/cabocha.git

2. 設定

Makefile の INCLUDE を使っている Java に合わせて変更します。どの Java を使っているのか分からない場合は、 which javaupdate-java-alternatives (update-alternatives) で調べてください。

# …
# Example
INCLUDE=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/include
# …

3. コンパイル

cabocha/java ディレクトリで make と打ち込んでコンパイルします。

4. Scala からの利用例

実際にプロジェクトを作成して使ってみることにします。まず、先ほど生成された CaboCha.jarlibCaboCha.so lib をプロジェクトの lib ディレクトリにコピーします。

mkdir <project_root>
cd <project_root>
echo 'scalaVersion := "2.12.0"' > build.sbt
mkdir lib
cp path/to/cabocha/java/CaboCha.jar lib/
cp path/to/cabocha/java/libCaboCha.so lib/